バイク買取で高く売るためにできることをご紹介!

バイク買取査定時に必要な書類一覧

  • 本人確認書類(主に運転免許証)
  • 自賠責保険
  • 印鑑
  • 標識交付証明書
  • 納税証明書
  • 買取額を振り込んでもらう口座の通帳

バイク買取で高く売るためにできることをご紹介!

バイク

バイクを売る時期を考える

バイクを高く売るには、売却する時期を選ぶということが大切です。基本的にバイクの買取業者はバイクを買い取った後、それを修理し他の人に売っています。そのため、新しくバイクを購入したいと思う人が多い時期の前には需要が高まり、買取価格もアップしやすい傾向にあります。このようにバイクの販売需要は、季節や時期によって左右されるために、バイクを査定するときは注意しておきましょう。

純正パーツを保管しておく

改造したバイクはカスタマイズ性が高く、一部のマニアからは非常に人気があり、査定でプラス評価してもらえるケースもあります。しかし、その一方でカスタムは好みが分かれてしまい、買い手の需要が意外と少ない傾向にあります。そのため、純正パーツを取っておくことをおすすめします。純正パーツを査定時に渡すと買取価格が上がるのは間違いありません。

買取専門業者を選択する

バイクはどの業者で売却するかで買取価格が大幅に変わり、同じ状態のバイクでも査定する業者が違うだけで、数十万円以上の差がでるということもあります。そのため、バイクを売る時はなるべく、バイクを専門的に買取している業者を選ぶことをおすすめします。専門業者なら販売ルートも沢山にあり、買取実績も豊富ですから、安心して取引を行なうことが可能です。

バイク買取業者への売却の流れ

業者選び

バイク買取をご検討しているのなら、まずは査定を依頼する業者をいくつか絞っておきましょう。基本的に査定自体は無料でできるところも多いですが、査定依頼の件数が多いと後々の管理が大変です。そのため、5つの業者を目安に厳選するといいでしょう。

査定依頼

ある程度業者が決まったら、査定依頼を出します。バイク買取では、基本的に出張か店頭での査定が案内されるので、都合がいい方を選ぶといいでしょう。また、その際には用意しておく必要書類の確認などを忘れないようにしておくべきです。

査定額の提示

査定が終了すると、大抵はその場で買取価格が提示されます。買取価格にご納得頂ければ、そこで契約を行ないます。業者によっては、印鑑や必要書類がなくても仮契約という形で後日改めて買取してくれます。

買取額の受け取り

商談が成立し、契約、バイクの引き渡しが完了すると、指定された口座に買取額が支払われます。そして、業者によって名義変更が行われるので、後は入金をご確認しただいて業者へのバイクの売却は終了です。

新着情報

広告募集中